記事内に広告が含まれています。

どこまで実話?『こんにちは、私のお母さん』《原題:你好,李焕英》

白黒テレビ 中国映画
この記事を読む前に
  • (お願い)映画を見てから、読んでください。
  • 『こんにちは、私のお母さん』を見たことを前提に記事を書いているので、ネタバレを含みます。

久しぶりに心をもっていかれる映画を見ました。タイトルは、

こんにちは、私のお母さん』《原題:你好,李焕英です。

見終わって数時間たっても、映画の世界から ぬけ出せず、母を思っては泣いていました。

らーじゃおの母は元気だけど人生なにがあるかわからない

この映画のモデルは、中国の人気喜劇俳優・賈玲(ジア・リン)さんの母・李焕英(リ・ホワンイン)さんです。この映画はどこまでが実話なのでしょうか。

事故もおなじだとしたら、つらすぎるよ

調べてみると、残念ながら李焕英さんはすでに他界され、映画はかなり実話に近いことがわかりました。

この記事では、賈玲さんと母・李焕英さんの人生にスポットをあてながら、賈玲さんの『こんにちは、私のお母さん』への思いを紐解いてみたいと思います。

また配信情報やテレビ放送についても調べてみました。

まだ見ていない方は目次から視聴方法を確認できます
広告

『こんにちは、私のお母さん』はこんな映画

『こんにちは、私のお母さん』は2021年に公開され、中国で大ヒットし、多くの映画賞を受賞しました。日本でも劇場公開され、現在たくさんの動画配信サービスで配信されています。

作品と予告編

タイトル:『こんにちは、私のお母さん』 《原題:你好,李焕英》英文題:Hi, Mom

監督:賈玲 (ジア・リン)

主演:賈玲 (ジア・リン) 張小斐(チャン・シャオフェイ) 沈騰(シェン・トン) 陳赫(チェン・フー) 劉佳(リウ・ジア)

あらすじはこちらの予告編でどうぞ

登場人物:キャスト

登場人物や出演俳優についてはこちらの公式サイトをご参照ください。

映画『こんにちは、私のお母さん』公式サイト
舞台・テレビ・映画で活躍する人気喜劇女優ジア・リンが、亡き母との実話を元に、監督・脚本・主演に初挑戦した本作。元気と明るさだけが頼りで、何をするにもまるでダメで母に苦労ばかりかけていた娘が、母と巻き込まれた交通事故をきっかけに20年前の19...

賈玲 (ジア・リン)と李焕英(リ・ホワンイン)

賈玲 (ジア・リン)さんが「自分の母の一生を映画化したい」と思ったのは、なぜなのでしょうか。まずは賈玲さんのプロフィールを紹介します。

賈玲 (ジア・リン)さんのプロフィール

  • 賈兪玲
  • 俳優 監督 脚本家
  • 1982年4月29日 湖北省襄陽市宜城市 生まれ
  • 中央戯劇学院 相声班 卒業  
  • 代表作:ドラマ《歓喜密探》 映画《你好,李焕英》 バラエティー番組《王牌対王牌》

instagramの2枚目以降は賈玲さんと『こんにちは、私のお母さん』で李焕英の若い頃を演じた張小斐(チャン・シャオフェイ)さんとの2ショットがあげられています。(右側の>をクリックすると見れますよ)

この2人を見るだけで映画を思い出して涙がでちゃうよ

えくぼがとても可愛い賈玲 (ジア・リン)さん。

父母姉の4人家族の賈玲さんは、湖北省で育ちました。家の経済状況は厳しかったそうです。18歳の時に中央戯劇学院の表演系(章子怡やティファニー・タンらが卒業した名門校)を受験しますが、不合格。翌年、見事に合格した賈玲さんは中央戯劇学院の喜劇表演専業(相声班)に進みます。

相声は日本の漫才のような演芸だよ

北京相声大賽で1位になった賈玲さんですが、卒業後、女性の相声(漫才)の仕事は少なく、アルバイトをする日々が続きます。賈玲さんと体が丈夫でない父を陰で支えたのは、姉の賈丹さんでした。地道に努力をつづけた賈玲さんは、2010年に春節晩会(日本の紅白歌合戦のような国民的年末番組)に出演。その後、相声だけではなく、ドラマや舞台、バラエティー番組にも活躍の場を広げ、国民的な喜劇俳優として人気を集めています。2021年には自ら脚本・監督をつとめた『こんにちは、私のお母さん』《原題:你好,李焕英》を発表し、多くの映画賞を受賞しました。

李焕英(リ・ホワンイン)さんのプロフィール

  • 本名:李焕英
  • 1953年 湖北省襄陽市 生まれ 2001年10月12日 永眠
  • 職業:宜城東方化工廠の作業員
  • 家族:夫・賈文田   娘・賈丹、賈玲
笑顔の少女
出典:百度百科 李焕英(贾玲的母亲)

ふっくらした頬とえくぼ はお母さん譲りだったのですね!よく似ています。

賈玲 (ジア・リン)の母・李焕英(リ・ホワンイン)さんの生涯を映画と比較しながら、紹介していきます。

●【18歳】農村部出身の李焕英さんは湖北省襄陽市の宜城東方化工廠に就職します。

映画では: 胜利化工厂

工場のバレーボール部に入部。当時の写真が映画のエンドロールに流れています。笑顔の可愛い美少女です。工場には王道琴さんという同僚がいましたが、ライバルではなく姉妹のように仲が良しでした。「王琴が実在した」わけではないようです

映画では:ライバル・王琴(ワン・チン)のチームとのバレーボールの試合が見せ場の1つ

●【20歳】賈文田(ジア・ウェンティエン)さんと結婚。賈文田さんは同じ工場で放送員の仕事をしていました。工場で初めてテレビを買ったのは李焕英さんでした。

映画では:現代では王琴が初めてテレビを買った人だったが、タイムスリップ(穿越 chuān yuè )した暁玲(シャオリン)が、李焕英がテレビを買えるように手助けする。  

暁玲は、出世しそうな放送員の沈光林(シェン・グアンリン)と李焕英の仲をとりもとうとする。しかし、李焕英はボイラー室で働いている賈文田との結婚を選ぶ。

●【結婚後】2人の娘を出産。家族を大切にし、自分のものを買うことはほとんどありませんでした。

映画では:子どもは暁玲ひとり。

破れた服のつぎはぎが上手だったことがタイムスリップの謎を解く鍵になっている。また、バス乗り場で暁玲を見送るシーンでは、娘のバスが出発するとチケットを払い戻して歩いて帰宅した。倹約しながら子どもを育てているエピソードが随所に見られる。

●【48歳】娘の賈玲さんが中央戯劇学院の戯劇表演専業と喜劇表演専業に合格します。李焕英さんの方言が強かったため、学校側が「戏剧 xì jù 」を「 喜剧 xǐ jù 」と聞き間違え、賈玲さんは喜劇表演専業に入学することになりました。

映画では:暁玲は首都戯劇学院の表演専業の二部(成人教育 chéng rén jiào yù )に合格したのに、母を喜ばせるために本科の合格証(录取通知书 lù qǔ tōng zhī shū )の偽物を用意した。合格証には表演系表演专业と書かれていて,喜劇の文字はない。

●【賈玲さんが中央戯劇学院に入学して1ケ月後】李焕英さんは事故のため急逝します。夫の賈文田さんが運転するトラクターで稲わらを運んでいた時のことでした。李焕英さんは、高く積み上げた稲わらを押さえるために上に座っていましたが、不幸なことにトラクターから落ちてしまい、強く頭を打ち、残念ながら亡くなられました。享年48歳の若さでした。

映画では:合格祝いパーティーのあと、李焕英は暁玲を自転車の後ろに乗せて家へ向かう。ふたりの自転車にスピードを出したトラックが突っこみ、はねられてしまう。重体の李焕英のそばで付き添う暁玲の「母を一度でいいから喜ばせたい」という願いが、奇跡を起こす。

『こんにちは、私のお母さん』の中国語が学べます

『こんにちは、私のお母さん』は実話?

李焕英さんのプロフィールと映画の比較から、映画はほぼ実話であると考えられます。

賈玲(ジア・リン)さんがバラエティー番組で語る

『こんにちは、私のお母さん』公開後、賈玲さんはバラエティー番組『王牌対王牌』で、突然の母との別れについて明かしました。

中央戯劇学院に入学して1ヶ月後、姉・賈丹さんの夫から「お母さんが亡くなった」という電話がはいりました。信じられなかった賈玲さんは、周囲の人に頭を下げて携帯電話を借り、何が起きたのかをもう一度たずねたそうです。帰宅した時には、李焕英さんはすでに葬儀場に安置されていたため、賈玲さんは姉に付き添われて李焕英さんと対面しました。

撮影時いちばん大変だったシーンは、病院に運ばれた李焕英のそばで暁玲が泣き崩れる場面だったそうです。現実では病院に駆けつけることが出来なかった賈玲さん。母が病院で手当てを受けている姿を見ることもなかったのです。賈玲さんが泣きすぎて目が腫れてしまい、何度も撮り直さなくてはなりませんでした。

母のための映画

賈玲さんは李焕英さんにしてあげたかった事を『こんにちは、私のお母さん』の中で実現させています。

李焕英さんの言葉をセリフに

映画の中のセリフの多くが、実際に李焕英さんが言った言葉です。

暁玲が「タイムスリップしているのは自分だけではない」と気づいた時、幼い頃の思い出が次々とよみがえります。あの場面には「母の言葉」がちりばめられているように感じます。

欲しかったものをプレゼントする

映画のエンドロールにこんな言葉がありました。

女儿出生后 李焕英几乎没为自己买过任何东西

印象中只说过一句

“那件皮衣 要是再绿一点就更好看了”

出典 电影 :你好,李焕英

李焕英さん、その皮のコート(那件皮衣)に思い入れがあったんでしょうね。賈玲さんは映画の中で、李焕英に襟元に大きなファーのついた皮のコートを着せています。

「オープンカーに乗せてあげる」という言葉も映画の最後に、赤いオープンカーでドライブする姿をとることで実現させています。

母に舞台を見せてあげたい

有名な喜劇俳優になった賈玲さんですが、母・李焕英さんはその舞台を見ることなく、この世を去りました。

映画では、工場の演芸会で沈光林と暁玲は二人転という芸を披露します。映画の中ではありますが、賈玲さんは初めて母に自分の舞台を見てもらうことが出来ました。

母に春節晩会に出た姿を見せたい

オープンカーでドライブしている時、フロントガラスに賈玲さんが春節晩会に出た姿が映っています。李焕英さんが生きている時に春節晩会を見れたなら、どんなに喜んだことでしょうか!「一度でいいから母を喜ばせたい」その思いがこんな演出になっていたのですね。

こんにちは、私のお母さん◇視聴方法

賈玲さんの母への愛があふれる映画『こんにちは、私のお母さん』。

視聴方法を紹介しますので、もう1度見たい方は参考にしてください。2回目は「李焕英もタイムスリップしていた」という視点で見てしまうので、1回目と違う場所でグッと来ますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こんにちは、私のお母さん [ チャン・シャオフェイ ]
価格:3,608円(税込、送料無料) (2023/7/13時点)


動画配信サービス

レンタルが主流です。各社によってレンタル期間が異なりますので、確認してくださいね。

配信会社見放題レンタル(¥)音声字幕備考
U-NEXT定額見放題
Amazon
Prime
400~500
Netflix
music.jp440
Hulu550
FOD
Lemino550旧dTV
RakutenTV440
TELASA550
iQIYI
YOUKU
Tencent

2024年1月の情報です。詳細は各サイトでご確認ください。

映画観るなら<U-NEXT>

テレビ放送

2023年7月18日 午後4:45~ wowow 4K

2023年7月28日 午前4:20~ wowow シネマ

なおwowowオンデマンドでは2023年7月31日まで『こんにちは、私のお母さん』を配信しています。

こちらの中国映画もおすすめです

『こんにちは、私のお母さん』は どこまで実話?まとめ

賈玲さんと李焕英さんの人生をたどってみて、『こんにちは、私のお母さん』は、実話と賈玲さんが母にしてあげたかったことを織り交ぜた映画であることがわかりました。

だれもが抱いている母への愛・後悔・感謝がたくさんつまっている作品です。

「もっとたくさんの人に見てほしいな!」と改めて思いました。

来年の母の日にテレビ放送してはどうでしょう?テレビ局の皆さん、ご検討ください!

コメント